top.png

跡の伝承
辿り着いた摂理と理論

一般社団法人 筋整流法協会事務局
TEL0545-23-0350
受付時間10:00~18:00(土・日・祝日除く)

小口昭宣の個人セッションって どんな?

小口昭宣の個人セッションを受けた感想

東京江戸川区平井の藤田先生の「日常損傷病学」にコメントが残されています。
http://www.nanbyo-study.jp/?p=2467#comment-18211

HT のコメント:
2017年6月19日 9:50 AM

 ご多用の折相談させていただくことも恐縮ですが、ぜひ先生の御診察を受けたく思い投稿させていただきます。
 当方、4か月ほど前から右足アキレス腱の疼痛を覚え、その後もだましだまし趣味のフットサルを続けておりましたが、3か月ほど前に出場した大会で普段歩くときすらアキレス腱の痛みを感じるようになり、休養を取れば問題ないだろうと考え2か月ほどスポーツを控えておりました。
 しかし、つま先に荷重した時(踏み込む動作)の際の疼痛、遅発的に足首外側くるぶしの腫脹が発現して、「さすがにまずい」と考え近隣の整形外科医を受診、サポーターの着用とロキソプロフェン等の処方を受けました。サポーターによる固定?にて回復傾向にあり、2週間ほどで自覚的には改善したためフットサルを再開したものの、やはり同様のアキレス腱の疼痛が再発しました。アイシングで痛みはひいたものの、本ブログの内容を拝見しましてアキレス腱炎あるいは自己免疫性関節炎であるとすれば早めに先生の診察・治療を受けて指導を実践することが治癒への近道と考えました。
 もし貴重なお時間を頂戴できるのであれば、ぜひメールアドレスへのご返信を何卒よろしくお願い申し上げます。

doctorf のコメント:
2017年6月19日 4:43 PM

わかりました。なかなかほかの医者はやりたがらない分野の治療なので、私が治療するしかなさそうです。メールを秘書の方から差し上げます。

HT のコメント:
2017年7月3日 12:29 PM

文書に先だって、秘書A様に心より御礼申し上げます。昨日F先生の治療とのコラボということで、秘書A様より教えていただいた腱引き師・最高師範O先生の個人セッションに行って参りました。
 上記の症状を伝え、F先生の御診察はこれからの予約である旨を伝えてから施術を始めていただきました。当初は基本施術ということで別の先生に一通り全身を施術いただき、それだけでも足の調子が若干軽くなったように感じられていたのですが、やはりO先生の施術は違いました。
 「こうすると痛い?(痛くないです)」のやりとりを数回繰り返し、「痛いほうがわかりやすいんだけどな~」などと談笑を交えながら10分程度、ある患部に対する施術(この時は多少圧痛を感じた)を終えた後、「ハイ、かかとを上げて足踏みしてみて。」
 信じられませんでした、痛みが全く無くなり、軟骨の位置が本来の位置とずれていたような旨の説明を受けました。(ショックが大きく内容がうろ覚えで申し訳ありません) 昨日の今日で、痛みはほぼ無いのですが、今までであれば激痛が走った踏み込んだ際の痛みが1回、以前とは異なる足首の内側に覚えた程度で、あとは「痛みそうな違和感」が時折起こる程度で症状は落ち着いております。
 A様とのやりとりで、F先生の診察後の方が効果的だと勝手に思い込んでいたところを、わざわざ何度もメールで腱引きについてご説明いただき、診察前の施術を受けようと考えることができました。本当にありがとうございました。
 引き続き予約日にはF先生診ていただきたく存じます、あまりの改善に途中経過をご報告させていただくコメントを残させていただきます。乱文ですが失礼いたします。

doctorf のコメント:
2017年7月3日 1:46 PM

医療秘書のAです。うれしいご報告をありがとうございました。院長はカラダの中からブロック注射で血行を良くし(主に動脈)、関節内の炎症や痛みを取り除き、脳神経や自律神経に至るまでの神経系の疾患の回復を促進させます。腱引きはカラダの外の筋肉や骨など骨格にまつわると思わしき疾患を治し、静脈やリンパの流れを良くします。両者タッグを組む【コラボ治療】は、私が誇りをもってご推奨する治療の相乗効果を生む最強タッグなのです!ただし、O先生ともよくお話しをしてディスカッションするのですが、症状によっては腱引きを先に受けたほうが治療効果が高い場合があり、HTさまの場合もこれまでの数々のコラボ治療の実績からもそうだと判断し、オススメさせていただきました。ご回復のご報告は、コンシェルジュの役割もする私にとってもとても励みになる御言葉です。患者さまのご回復がなによりのご褒美です。ご来院お待ちしております。ご報告ありがとうございました。

2016年7月27日(水)に行われた倉敷施術会の感想

倉敷施術会は、岡山県倉敷市連島中央2-3-22 小原整骨院において開催されています。
毎月定期的に倉敷において、小原整骨院スタッフの柔整師、鍼灸師の方々の勉強会も兼ねたセッションとして実施しています。
この個人セッションは、「神の手プロジェクト」の一環で「その6-腱引き療法の普及に向けた施術会の開催」として開かれています。
腱引きを知らない方々に腱引き療法の威力を知ってもらうことは非常に重要なことだと思います。

kurashiki001.jpg

見学をしたプロの療術家(柔整師、鍼灸師)のスタッフの方々からご感想を頂きました。

冨田聖人
tomita.jpg
色々な患者さんを腱引きで治療して症状を改善していくのを目の前で見てただただびっくりしました。
腱引きという治療だけでなく最後には患者さんが自宅で出来る運動指導もされていてとても勉強になりました。
腱引きの治療をするにあたり、これからは解剖、生理、運動学などの基本知識は必須であると感じ、また勉強をしなおさないといけないとも感じました。
これから治療するにあたり少しでも筋肉の起始、停止ぐらいはイメージして治療にとり組めたらと思いました。

忠政恭子
tadamasa.jpg
実際に治療に来られていてなかなか症状がかわらない患者さんをみてもらって、目の前で変化を実感する患者さんをみて感動しました。
治療後には自宅で出来る運動指導もされていて私自身も勉強になりました。
専門学校で教わった基礎知識(特に解剖、生理)の復習は腱引きをするにあたって必要だと思いました。すぐに腱引きするのは難しいので今回のビデオを見直し勉強して治療に取り入れるように頑張りたいと思います。

佐々木愛真
aima2.jpg
実際に治療されているところを目の前で見ることができてとても嬉しく思いました。
歩行困難な方があることができるようになったり、ギックリ腰の人が楽になったりと驚きっぱなしでした。
今は、自分が治療ができる状態ではないので出産後、先生の治療、運動指導などを勉強して治療をしていきたいと思います。
また、今月もよろしくお願い致します。

長塩達也
今まで肩が上がらなかった父をだいぶ良くして頂きありがとうございます。
父もその後、肩の運動を頑張っているようで仕事も張り切ってやってます。ありがとうございました。
映像だけでしか見てなかったギックリ腰を目の前で治されたので脱帽でした。他の人達の症例でも、今まで治らなかったり、治療法がどうすればいいのかと分からないことばかりだったので小口先生の治療を見て凄い良いヒントになったので、これからそれを活かしながら治療に役立てれば良いと思ってます。

kurashiki002.jpg

倉野 巧
kurano.jpg
最初から最後まで見学させてもらい、うつ、ギックリ、肩J、全身倦怠などさまざまな症状の患者を5分~20分で改善させ、自分たちが治すのに苦戦していたのが嘘のように変化が出ていたので、腱引きの素晴らしさが改めて実感しました。
見学していて思ったことは、あまり強く腱を引いているように見えないのに効果が著しく出ていることです。
一番に驚いたことは、うつ病の患者がスッキリして帰っていたことです。いろんな症状に効き、万能な治療法の腱引きを早く会得したいです。
間近で見学できる環境なのでしっかりと見学して、将来は腱引き師になれるように頑張りたいです。

竹下和史

患者さんがカーテンを開けられた時点からの視診力にまず驚きました。患者さんが院の玄関に入られた時から診断が始まってることは知っていましたが、小口先生は一瞬で症状を判断しているように見えました。今後の自分のスキルに取り入れようと思います。
施術中でも、患者さんにリラックスさせる言葉やわかりやすい説明、今後のアドバイスをさせていて、中には医学用語も混ざるのですが、患者さんにはしっかり伝わっている感じでした。
今回、小口先生の治療を見学させていただいて一番感じたことは、手技と知識を両立させて一つのしっかりとした治療になるということを教わりました。
次回、来月また小口先生が来られた時にまた今回とは違う視点で見学させていただこうと思います。
ありがとうございました。

kurashiki004.jpg

池上清美
ikegami.jpg
今月もありがとうございました。1時間に3人。18人のご予約をガンガン治療される先生のお姿、感動しました。それ以上の人数でしたが・・・、何人かの友人知人の治療をお願いしました。

①足の裏のアーチがきれいな女性。
3日後位から、グッとよくなったようです。歩く時の痛みやお尻のズキズキも楽になりました。股関節の左右に動かした時の引っ掛かりはまだあるようです。本当に、時々、激痛とともにやってくる腰痛が何日も続く彼女、諦めていた頑固な痛みの治療を、これからも続けたいといっています。


②転んで肩を強打した女性。
方は、ずいぶん楽になり、しかし、背中のはりに困っているようですが、毎日先生の教えてくださった腕あげ体操しています。

③ご家族で来られた3名。
お父さんは、腰痛があまり変化なく。お母さんは、3日間ほど背中の痛みがなく過ごせたそうです。少したつと、戻っているようですが、継続して治療を受けて頂けたらと思います。(実は、秋にお二人とも膝の手術を受けるので、手術をせずにすむのなら・・・と、その相談で来られたのですが、問診のところで、手術が決まっているものの痛みは、はじかれたようで、とても残念でした。)
また、来月もどうぞよろしくお願いいたします。私のガングリオンも自分でトライしています。

kurashiki003.jpg